0

そりゃ「詰んだな」って思うわなって話

Posted by Kohei on 10月 13, 2017 in 思いつきコラム

このニュースを見て

このニュースとは関係のない日々の活動の雑感を書いてしまったので記録しておきます

 
0

医療安全実践教育研究会 第5回学術集会 開催のお知らせ

Posted by Kohei on 9月 13, 2017 in お知らせ

医療安全実践教育研究会 第5回学術集会が開催されます.

医療安全実践教育研究会 申込みWeb Site

ーー以下引用ーー

当研究会では、第5回学術集会として「地域包括ケアシステムの構築-システム学的アプローチ-」
をテーマに著名な先生方のご講演、並びにサービス提供体制の連携・統合のあり方に関する意見交換を行う予定です。

つきましては、ご関係の皆様お誘い合わせの上、是非ともご参加くださいますようご案内申し上げます。
なお、一般演題を募集しておりますので、奮ってご応募いただきますよう併せてお願い申し上げます。

***************************************************************

医療安全実践教育研究会 第5回学術集会

【テ ー マ】 「地域包括ケアシステムの構築-システム学的アプローチ-」
* プログラムの詳細は、ホームページをご覧ください。

【日  時】 2018年1月28日(日)10:00~16:50

【場  所】 大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール
[地図] https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/img/map_jn.pdf

【参 加 費】 会員の方は無料(ネットワーキング代も無料)
* 事前の年会費納入が必要です。年会費の納入状況をご確認下さい。

【定  員】 120名・先着順(定員になり次第、受付締切)

【申 込 み】 ホームページよりお申込みください。
* 既に年会費を納入いただいている会員様につきましても別途申込みが必要です。

【申込期限】 2017年11月30日(木)

【一般演題】 ホームページの「演題募集 申し込み方法」欄に沿ってご投稿ください。
(当研究会誌は医中誌Web収載誌です。)

***************************************************************
ーー引用ここまでーー

 
0

SIGCE第16回研究会開催のお知らせ

Posted by Kohei on 9月 8, 2017 in お知らせ

SIG-CE第16回研究会が開催されます.

皆様どしどしご応募ください!

ーー以下引用ーー

第148回研究会(SIGCE第16回研究会)を「コミュニケーション支援および一般」をテーマとして、名古屋大学ナショナルイノベーションコンプレックスにて開催致します。コミュニケーション支援に関する技術は、人と人の間だけでなく、人とエージェント・ロボットなどの人工物との間を取り持つ技術、また、災害などの非常時において助け合うための技術など、幅広く発展しております。活発で忌憚なき意見交換の機会をご提供できればと考えております。皆様からの多数のご応募をお待ちしております。

テーマ:コミュニケーション支援および一般

開催日 : 2017年11月16日(木)~17(金)

場所:名古屋大学ナショナルイノベーションコンプレックス

ーーーーーーー

 
0

入院していました

Posted by Kohei on 8月 2, 2017 in お知らせ

ロードバイクの単独事故で入院していました.

左側の鎖骨遠端と肋骨2本を骨折しました.

ともかく痛い.自分で救急車を呼びました.

ようやく退院できたのは良かったのですが,退院時から発熱し,また数日寝込んでいました.

ようやく一部ですが仕事復帰しました.

関係者各位,大変ご迷惑おかけいたしました.すみません.

 

 
0

ディスレクシアのある人のためのiPad設定作業メモ

Posted by Kohei on 6月 7, 2017 in iPhone APP, メモ, 支援技術系

以下,ただの作業メモです(作成途中)

  • アセスメント
    • 対象者のニーズの把握
      • 何で困っているのか? →通常,回答できることは少ない.
      • どういうことを諦めているのか? →諦めてしまったことを自覚している人は少ない.
      • どういうものを面白くない,面倒くさいと考えているのか? →これが一番多く情報を得られる.
    • 「障害」の特定
      • 診断名としての障害ではなく,何が上記のニーズや「普通に生きること」の妨げになっているのか.
    • 必要な支援の検討
      • 上記を踏まえ「ルール変更」「代替手段使用」「外部資源活用」「価値の見直し」「訓練方法の変更」などのうち適切なものを選択
      • 自分でやる(ガンバル)範囲の設定

 

  • iPad の設定
    • 本当に必要なのか検討
    • Apple ID の取得
    • 必要なアプリのダウンロード
      • https://support.apple.com/ja-jp/HT203993
      • アプリの購入はお金を出す人が「このアプリを贈る」で贈ればいい.ただし,アプリ内課金タイプの課金額を贈ることはできない.
      • タッチ&リード 2000円 →印刷物を読むことが困難な場合の文字認識&メモ記入するため.
      • よめるんです →テキストデータを簡単に縦書き電子書籍に変更.教科書として用いるため.
        • https://youtu.be/H9-hhrEBdFg
          https://youtu.be/MGrnS9IZhB8
      • MindNode 1200円 →思考を整理するため.要練習.

 

  • iPadを用いて学習することを教える
    • 伝える・質問する・共有するための「メモの共有」の設定
    • アクセシビリティの概念とアクセシビリティ機能に関する説明
    • 設定>アクセシビリティ での読み上げ設定
      • スピーチ
        • 選択項目の読み上げと画面の読み上げをオン
        • 読み上げ速度の調整
        • 読みかた,で使用頻度の高い単語の登録
      • ショートカット
        • VoiceOverにチェック(以降ホームボタンのダブルクリックでVoiceOverが起動)
    • 設定>キーボード での入力しやすいキーボードの設定
    • 「メモ」アプリでの長文入力の練習
      • 「視写」の代わりに「視てキーボード入力」が可能かどう確認.本人がもっとも得意な入力方法を探す.
      • 音声入力の練習.文節区切り,句読点,改行の音声コマンドを練習.
    •  「よめるんです」の使用方法の説明
      • テキストデータをメモからコピー&ペーストし,電子書籍を作成する練習
      • 行間,読み上げ速度,文字サイズ,を調整し,自分の読みやすい設定を記録
    • 「タッチ&リード」の使用方法の説明
      • OCR: Optical Characteristic Recognition(光学文字認識)の説明と実演
      • 使用の練習.写真の撮り方次第で文字認識精度が変わることを体験.
      • 手書き,キーボードでのメモのとり方を練習
    • 「アクセスリーディング」の説明と申請書類に関する説明

 
0

おばあさんと話しててふと思ったことメモ

Posted by Kohei on 6月 6, 2017 in メモ

 
0

じっとしてなさいと言われても無理っス

Posted by Kohei on 5月 2, 2017 in 思いつきコラム, 支援技術系

じっとしていることが難しいおっさんになってしまいました.
じっとしていなくていい職業につけたことを感謝しています.

先日(だいぶ前)のエントリ「椅子をガタガタさせる子どもに
で作ったあのゴムバンドの設置依頼,息子氏は椅子をガタガタいわさなくなりました.

じっとすることは難しいので,他人の集中を削がない範囲でソワソワできるようにする方が合理的だなと思いました.
本人もそれで本来の作業に集中できているようだし.

ハワイのワイキキのど真ん中に住んでいて「ハワイ飽きたわ〜」と言っている妹が,今オアフの小学生の間で流行っているねーん,と教えてくれたこのグッズもなかなか良さげですね.
僕は来客対応の時にくるくる回し続けて「何この人?」って感じで見られてしまいましたが.

2017/05/18追記

ニューズウィーク日本版にこういうのが出ていました

手持ち無沙汰の解消にはなると思いますけど,何かが「治っ」たりするものではないですよね.

 
0

DO-IT Japan2017新規スカラー募集開始のお知らせ

Posted by Kohei on 4月 7, 2017 in お知らせ

今年もDO-IT Japanのスカラー募集が始まります

==(以下、広報用/自由転載)==
【DO-IT Japan2017応募アナウンス・応募要領 ホームページ公開】

・DO−IT Japan2017「スカラープログラム」新規スカラー募集

 (中学生から大学院生まで対象)

・特別コース「アコモデーションコース」参加者募集

 (小学生対象)

毎年春にDO−IT Japanは、新規参加者を募集しております。

11年目の開催となるスカラープログラムの「DO−IT Japan 2017 新規スカラー(対象/中学生から大学院生まで)」の募集を開始いたします。

加えて、2017年度は、スカラープログラムに将来応募を考えている小学生に向けて、特別コース「アコモデーションコース」の参加者の募集をいたします。

募集概要及び応募要領は、DO−ITホームページよりご確認ください。

皆さんからの募集をおまちしております!

お近くにご興味・関心のある方への広報もよろしくお願いいたします!

★URL:https://doit-japan.org/

※書類の受付:4月17日(月)から5月8日(月)まで(当日消印有効)

【問い合わせ】
DO−IT Japan事務局

〒153−8904 東京都目黒区駒場 4−6−1
東京大学先端科学技術研究センター 3 号館 311 号室

電話 / FAX : 03-5452-5228
メールアドレス : toiawase@doit-japan.org
※「新規参加者募集について」と伝えてください。
(担当:門目、蔵本)

ウェブサイト : http://www.doit-japan.org
===

 
2

読み上げソフトに必要な機能とは

Posted by Kohei on 2月 3, 2017 in 支援技術系, 研究発表

7年前(2010年)に読み上げソフトに必要な機能って何だろうってことで当時のボス,中邑賢龍先生と一緒にまとめたデータを公開します.
文科省の何かの報告書で掲載したんだけど,埋もれてしまってネットで発掘できないんです.
埋没させておくのは惜しい貴重なデータだと思うので公開します.
調べてまとめるのにめちゃめちゃ労力使ってますし.

「わかるやつだけ、わかればいい」 というデータなんですけど.
わかる人には貴重なのではないかと思います.

これ,どこかの一部に少しだけ間違い(あるソフトのある機能が本来○なのに×になっているのが1箇所あった)があって,修正できていません.
どのソフトのどの機能だったか思い出せないので・・・
その原因は僕がMac版を使って評価したからなんです.
でも,このリストの価値を下げるような間違いではなかったはず.

リストはクリックすれば表示できます↓

TTS_SpeckSheet

2017年2月4日追記

特総研の金森さんがコメントで教えてくださいました.ありがとうございます!

平成21年度「発達障害等に対応した教材等の在り方に関する調査研究事業」中間報告書 東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野中間報告書
↑ここに表が掲載されていました.

金森さんのブログでも紹介していただいたように

この表は「中間報告書」にしか掲載されてないんですよね.
ご指摘の通り,URAWSSの原型はこれですね.

 
1

椅子をガタガタさせる子どもに

Posted by Kohei on 1月 26, 2017 in 支援技術系

先日,ネットでこのページが紹介されている記事を読みました

うちの長男が気づいたら椅子をガタガタさせているという癖があって,もしかしたらこれって効果ある?と思いました.
製品化を応援したいところなのですが,悠長に待ってもいられないので自作して試してみることにしました.

まあ,効果はまだよくわかりません.
使ってみて効果があったと思っても1週間で元通りみたいなケースはよくあるので.
追って報告します.

2017年2月1日追記

とりあえず椅子のガタガタは無くなったままです.
足をゴムバンドに乗せてぶらぶらしています.
椅子と床が痛まなくなったのでよかったかなと思います.こちらも注意せずに済みますし.

でも背中方向でテレビがついてたりするとダメですね.
後ろ向いちゃいますから.
基本的には,他の環境調整との併用がコツだと思います.

あと「ガタガタするのがどのような理由でよくないのか」ということについては周囲の大人はちゃんと考える必要もあると思います.「行儀が悪い」の一言で済ませるのは簡単ですが,なんのためにその行儀という社会のルールがあるのか,必要な理由を納得できる範囲で説明できるか,など.考えることはいろいろありますね.

Copyright © 2017 okakohei.com All rights reserved. Theme by Laptop Geek.