古いカルティエのボールペンリフィル

ふと立ち寄ったリサイクルショップで、いい感じのボールペンを見つけた。カルティエのボールペン。3000円くらいだったので買って帰ったのだが、インクがない。

このボールペンがなんなのか調べるだけでも時間がかかった。カルティエ ボールペン マスト・ドゥ・カルティエ ゴドロン シルバープレイテッド(MUST DE CARTIER BALLPOINT PEN)というらしい。要するに、カルティエのボールペンでマストと呼ばれるシリーズで廃番になったものらしい。その後継のサントスというのも廃盤になっている。

リフィル自体はVXRB0211という型番らしい、というところまでつきとめた。が、マストとその後継のサントスまで廃番になっているようなので、リフィルがない。売ってない。どうしよう。

ネットで、代替可能っぽいリフィルを調べたら、いくつか引っかかった。

VXRB0211のそものも見つけたが、よく見てみるとどうも無在庫出品っぽい。なので、リンクは貼らない。無在庫出品してる業者は滅びてほしい。で、なんとなくいけそうだなと思ったのが、以下の二つ。

https://amzn.to/2XDKLEE

https://amzn.to/3nRfjgV

結論から言うと、どちらもダメだった。まず、前者は軸の真ん中あたりにある小さな出っ張りが邪魔でペン軸に装填できない。出っ張りを金属ヤスリで削ろうとしたら、そこからインクが漏れてきた。どうやらそこで金属を接合しているらしく、削っちゃうとダメらしい。後者は軸が微妙に太くてこちらもペン軸に装填できない。こっちも金属ヤスリで全体を削って補足してみた。なんとかペン軸に収まったが、今度はペン先の部分が軸から出てこない。リフィルの軸からペン先のニードル部にむかう部分の角度がVXRB0211よりも鈍角になっていてうまく入らない。その角度を調整すべく、金属ヤスリで削ったが、どうもダメ。

諦めていたのだが、最後に見つけた「これいけるのでは?」と思ったのを試すことにした。

CROSSの8513というリフィル。

https://amzn.to/3CAq9MH

見た目からもわかるように、リフィルの上部に黒い樹脂のカバーがついている。これは邪魔なのでニッパーで切断した。軸の太さはちょうどいい。問題はペン先のニードル部分の太さ。入らない。ってことで、金属ヤスリで削る。なんと入った。パーフェクト、とまではいかないが、95点くらいの評価だ。自分の中では。

写真下部に写っているリフィル2本の内、下側がCartierのVXRB0211。上側がCROSSの8513を加工したもの。

メモとしてここに残しておきます。誰かの検索に引っかかるかもしれないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です