論文が出ました

論文が出ました.

井上奈美江・岡耕平. (2019). 訪問看護師が受ける苦情の実態−インタビュー内容の主観的分類から−. 日本在宅看護学会誌, 8(1), 40-47.

この論文は,ベテランの訪問看護師7名に対し,これまでの訪問看護経験の中で患者及び家族からどのような指摘(苦情)を受けたことがあるかを聞き取り,それら著者らが主観的にカテゴライズしたものです.情報伝達の不備や看護技術の個人差という組織で対応すべき項目もあれば,「ノックを3回したら『ノックは2回でしょ』と怒られた」などという価値観のズレによる項目もあり,合計5つの大カテゴリーと14の小カテゴリーに分類されました.