日本認知心理学会高齢者心理研究部会の第8回の研究会のお知らせ

日本認知心理学会高齢者心理研究部会の第8回の研究会(老年心理学研究会共催)が開催されます.

我らがガッツ先輩が事務局を担当しているので,宣伝します.

 今回は,帝塚山大学心理学部心理学科教授の蓮花一己先生による特別講演
「高齢ドライバーの心理と対策」と,発表希望の方による一般演題を行います.
 皆様のご参加をお待ちしております。

なお,夕方17時半頃より懇親会(新大阪駅周辺)を予定しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

とのことです.
詳細は以下です.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
○日 時
2013年8月10日(土)13時〜16時半

○会 場
滋慶医療科学大学院大学 9階視聴覚大講義室
 ※当日は,大学玄関に案内を掲示します。
  URL:http://www.ghsj.ac.jp/access
  
○スケジュール

13:10-14:10(特別講演)蓮花一己先生(帝塚山大学)
「高齢ドライバーの心理と対策」

14:20-16:30(一般演題:4名)(発表20分、質疑5分)

14:20-14:45
堀川 悦夫(佐賀大学大学院)
認知機能低下高齢者における運転適性検査の特性について

14:45-15:10
勝原 摩耶(理化学研究所)
なぜ高齢者は柔軟にアクションを変えられないのか?
ー手の運動変更課題を用いた検討ー

15:10-15:20 休憩

15:20-15:45
小園 麻里菜(大阪大学大学院)
高齢期の余暇活動と認知機能との関連-前期高齢者・後期高齢者を対象として

15:45-16:10
朴 眩泰(国立長寿医療研究センター)
高齢者の身体活動と認知機能に関する研究

16:10-16:30 総合討論

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

日本認知心理学会高齢者心理学研究部会
代表者:権藤恭之(大阪大学)
事務局:熊田孝恒(京都大学)
    石松一真(滋慶医療科学大学院大学)
サイト:http://cognitiveaging.jp/