「重度肢体不自由・重複障害のある子どものためのICT活動体験プログラム」参加者募集のお知らせ

Posted by Kohei on 10月 8, 2013 in お知らせ, 支援技術系 |

前のエントリに引き続き,これもまた興味深いです.
どしどしご応募いただければと思います.

–<以下,ご案内/転載自由>–

===

■「重度肢体不自由・重複障害のある子どものためのICT活動体験プログラム」

参加者募集

DO-IT Japanは、困難に直面した子どもたちがテクノロジーを用いて

最大限にその可能性を発揮できるよう、2007年より高等教育機関進学に

焦点を当てた支援を行うとともに、2012年度より、新たに障害が重度な

子ども達の意思表出や能動的活動を支援するプログラムを開始しました。

このプログラムでは、重度の肢体不自由があるために意思表出や活動に

制限のある子ども達を日本マイクロソフト社(株)に招待し、東京大学と

日本マイクロソフトが開発したゲーム用カメラ「キネクト」を用いた動き検

出技術「OAK」(オーク)を使用したアクティビティを体験してもらいます。

保護者の方への専門家によるセミナーも含んでいます。ぜひご応募下さい。

・主催:東京大学先端科学技術研究センター DO-IT Japan

・共催:日本マイクロソフト(株)

・後援:文部科学省、厚生労働省

・日時:2013年11月30日(土)10:00—16:00

・場所:日本マイクロソフト品川本社

(港区港南 2‐16‐3 品川グランドセントラルタワー)

・募集条件定員:

2歳0ヶ月以上〜小学生以下の,肢体不自由のあるお子さんで以下の項目に

あてはまる方を,5名程度募集致します。

*コミュニケーションをどうとったらよいのかわからない

*コミュニケーションはとれるが運動障害が重いためどのように能力を引き

出せばよいのかわからない

※11月30日のプログラムに参加できる方に限ります。

また,応募書類による選考があります。

・募集期間:2013年10月15日(火)〜10月25日(金)(当日消印有効)

・選考結果通知:2013年10月末

・参加費:無料。ただし現地までの交通費・宿泊費はご負担下さい。

・プログラム:

キネクトを用いたアクティビティ体験

重度障害児とのコミュニケーション理解セミナー

専門家によるコミュニケーションやアクティビティに関する相談会

・申込方法:

お子さんの氏名,年齢(○才○ヶ月),お子さんとのコミュニケーションの状況や方法,

お子さんとのかかわりについて今悩んでいる事を800字程度にまとめ

(フォーマットは自由です),保護者氏名,住所,電話番号,メールアドレスとともに,

電子メール( oak@doit-japan.org )あるいは、FAXにて、お申し込みください。

・お問い合わせ

東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野 担当:平林,後藤

東京都目黒区駒場4‐6‐1

電話/FAX: 03-5452-5064

電子メール: oak@doit-japan.org

===

以上

Reply

Copyright © 2017 okakohei.com All rights reserved. Theme by Laptop Geek.