プロフ

self4岡 耕平(OKA, Kohei)
博士(人間科学)
滋慶医療科学大学院大学医療管理学研究科 准教授
大阪大学キャンパスライフ支援センター 招聘教員

 

▼略歴
1978年大阪生まれ.2007年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程を単位取得退学.2009年博士(人間科学).2006年より日本学術振興会特別研究員を経て,2007年から2011年まで東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野特任助教.2011年より現職の滋慶医療科学大学院大学.知的障害のある人のガイドヘルパー,小規模作業所での作業支援,職場内での就労支援コーディネートの経験をもとに,障害により困難をかかえた人の学習・就労を支援についてテクノロジーの活用や環境調整による具体的な支援方法とその効果を研究.2005年日本認知心理学会優秀発表賞,2007年関西心理学会研究奨励賞,2011年日本職業リハビリテーション学会奨励賞,2013年ヒューマンインタフェース学会研究会賞受賞.

For more information -> “ask.fm”一問一答

▼資格
福祉情報技術コーディネーター1級

▼学歴

平成13年03月 大阪教育大学 教育学部 教養学科 対人行動学コース 卒業 学士(教養)
平成14年04月 大阪大学大学院人間科学研究科 人間科学専攻 適応認知行動学研究分野 博士前期課程 入学
平成16年03月 大阪大学大学院人間科学研究科 人間科学専攻 博士前期課程 修了 修士(人間科学)
平成19年03月 大阪大学大学院人間科学研究科 人間科学専攻 博士後期課程 単位取得退学
平成21年09月 大阪大学大学院人間科学研究科 人間科学専攻 博士学位取得 博士(人間科学)

▼職歴・教育歴

平成14年11月01日~平成16年03月31日 大阪大学人間科学部リスク調査委員会特別調査研究員
平成15年05月01日~平成16年04月30日 兵庫障害者職業能力開発校 「心理学」非常勤講師
平成16年05月01日~平成18年02月28日 大阪大学人間科学部  ティーチングアシスタント
平成17年12月01日~平成19年02月28日 大阪労災看護専門学校  「教育学」非常勤講師
平成18年04月01日~平成19年03月31日 大阪大学(日本学術振興会)特別研究員(DC)
平成18年05月01日~平成19年03月31日 大阪大学大学院人間科学研究科  論文チューター
平成19年04月01日~平成19年09月30日 大阪大学(日本学術振興会)特別研究員(PD)
平成19年10月01日~平成23年03月31日 東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野 特任助教
平成20年04月01日~平成23年03月31日 日本大学 文理学部 「教育心理学」非常勤講師
平成23年04月01日~平成25年03月31日 滋慶医療科学大学院大学 助教
平成23年11月12日           筑波大学人間学群心理学類「教育心理学特講」非常勤講師
平成25年04月01日~平成28年03月31日 滋慶医療科学大学院大学 講師
平成28年04月01日~現在       滋慶医療科学大学院大学 准教授

▼受賞歴

  1. 岡耕平 (2013). コミュニケーションが困難な発達障害のある学生の学習支援−テクノロジーの利用と環境調整による支援効果の事例的検討−(ヒューマンインタフェース学会研究会賞受賞),コミュニケーション支援専門研究委員会主催第5回研究会.
  2. 岡耕平 (2011). 一般就労が困難な発達障害のある人への超短時間就労の有効性の検討(奨励賞[実践部門]受賞),日本職業リハビリテーション学会第39回大会.
  3. 岡耕平・三浦利章 (2007). 知的障害者の手技作業巧緻性を低下させる要因:実際作業遂行時の視覚運動協応の時系列分析より(研究奨励賞受賞),関西心理学会第118回大会.
  4. 岡耕平・三浦利章 (2005). 知的障害の程度の違いが注意配分機能の練習効果に及ぼす影響(優秀発表賞〔社会貢献度評価部門〕), 日本認知心理学会第2回大会.

 
▼メディア出演/紹介

  1. 日本教育新聞 2016年3月7日より毎週月曜 「特別支援教育に使える なるほど! アプリ活用術」連載(2016年8月22日終了)
  2. ラジオ NHK第2「バリバラR」夢をかなえる福祉機器(2015年03月15日オンエア)
  3. NHK 総合テレビ 週末応援ナビ☆あほやねん!すきやねん!コーナー「早川信夫の時事っち 発達障害って知ってますか?」(2014年11月15日オンエア) .
  4. 夢にチャレンジ夢への架け橋ドリームアーク.滋慶医療科学大学院大学講師・岡耕平氏インタビューレポート(2014年8月18日掲載) .
  5. NHK Eテレ「バリバラ」福祉機器 大集合!2013.(2014年06月22日アンコール放送)
  6. msn産経ニュース(2014年1月22日)「発達障害者支援テーマに講演会 来月1日、兵庫・尼崎で」
  7. ラジオ NHK第2「バリバラR」福祉機器 大集合!2013.(2013年10月20日オンエア)
  8. NHK Eテレ「バリバラ」福祉機器 大集合!2013.(2013年10月18日オンエア)
  9. ボランティア2010年12月 第45巻8号(Pp.9-10)「携帯電話で支える福祉・特別支援教育」
  10. NHK 四国羅針盤『新技術が開く未来-特別支援教育の現場から-』(2010/11/05 19:30-19:55 NHK総合 四国4県ネット)
  11. 毎日jp フォトニュース(2010年9月30日掲載) 「ユニバ・リポート:アイフォーンなど身近にある技術を活用--第37回国際福祉機器展ハイライト1
  12. ソフトバンクニュース(CSRトピックス2010)(2010年4月20日掲載) 「携帯電話を利用した、発達障がい児の学習支援の可能性を探る
  13. 教育医事新聞 (2010年2月25日号[第306号]14面) 「障害児学習支援に携帯電話を活用」

 
▼社会活動

国立大学法人大阪大学キャンパスライフ支援センター招へい教員
大阪市立東淀川特別支援学校学校協議会委員
医療の質・安全学会代議員
ヒューマンインタフェース学会コミュニケーション支援専門研究委員会運営委員幹事

▼所属学会

日本心理学会
American Psychological Society
日本認知心理学会
日本特殊教育学会
日本職業リハビリテーション学会
日本認知科学会
関西心理学会
ヒューマンインタフェース学会
医療の質・安全学会
ジョブコーチ・ネットワーク

▼競争資金の獲得

  1. 2016.04 – 2019.03. 文部科学省科学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)課題番号: 16K048520001.普通科高等学校における特別な支援を要する生徒への合理的配慮提供システムの研究
  2. 2016.04 – 2019.03. 文部科学省科学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究 課題番号: 16K153980001(分担).レジリエンスの観点から見た病院薬剤部門における調剤業務の安全評価に関する研究
  3. 2015.04 – 2015.02. 日本職業リハビリテーション学会平成27年度若手研究者への研究助成.発達障害のある人の障害受容と就労の関係性の検討
  4. 2014.04 – 2015.02. 古川医療福祉設備振興財団.在宅医療のための人工透析機器インタフェース設計に関する人間支援工学的研究
  5. 2012.07 – 2013.04. 大阪難病研究財団医学研究助成.知的/発達障害のある人に対するエビデンスベースド地域ケアシステムの構築とその評価
  6. 2011.04 – 2015.03. 文部科学省科学術研究助成基金助成金 若手研究(B)課題番号: 23730855.超短時間就労を通じた就労困難な発達障害者への教育・社会参加支援法の開発
  7. 2008.10 – 2009.11. 平成20年度三菱財団助成金 社会福祉研究助成,支援技術を用いた知的障害当事者による時間管理支援マニュアル作成.
  8. 2008.04 – 2011.03. 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B) 課題番号: 20730569. 支援技術を利用した知的障害者の知的能力評価法の検討
  9. 2007.11 – 2008.03. 2007RCAST研究助成(萌芽的研究・若手研究者助成),遂行困難の特徴からみた新しい知的障害の分類法の開発
  10. 2006.04 – 2007.09. 日本学術振興会 科学研究費補助金,知的障害者の二重課題遂行困難性:その原因究明のための認知とパフォーマンスの検討

Copyright © 2017 okakohei.com All rights reserved. Theme by Laptop Geek.